熟女のパパ活

乳首苦手なんすよね。ああ、舐める方じゃなくて舐められる方ね。
相手の男の乳首を舐めてくる一般の女の子はそうはいないと思うのだけど、風俗だとだいたい乳首舐めがコースに入っているんですよ。で、初めて嬢に乳首を舐められた時はあまりにくすぐったくて耐えられなかったんですよね。「ご、ごめん。乳首はやめて・・・」と懇願すると、嬢が面白がってさらに乳首責めてきて、何のプレイなんだ、これは?と思ったものです。
だから、初めて素人女性と寝た時も乳首は攻めなかったんですよ。そりゃエロ動画とかで男優が女優の乳首を攻めているところはさんざん見ていました。でも、男女の性感が違うと言うことくらいはわかってましたけど、自分がされて嫌なことを相手にはできなかったんですよね。
結局、まあそんなに経験が多いわけではないものの、乳首舐めはこれまでの性の人生で一度もやってなかったんですよ。ああ、セックス自体は大好きですよ。クンニはめっちゃしますし、もうクンニしたくてパパ活女子を漁っているくらいです。フェラしてほしい裏返しですわな。
そんな時に30代後半の熟女と知り合ったのですよ。熟女のパパ活でした。なんでもバツイチで出産歴あり。でも、旦那に親権も財産もすべて持っていかれて放り出されて、今は老体(笑)にムチ打ってパパ活で生き延びているそうなんです・・・熟女のパパ活って、お、重いな・・・
そんな熟女ですが、さすがに経験豊富なだけあってムチャクチャ艶っぽかったのですよ。さすがに加齢はありましたけど、その加齢っぷりがね。例えば乳首なんて散々旦那と子供に吸われていたのかぴょこんと突き出ていてね。ちょっと咥えたくなったんですよ。あれほど、乳首舐めに否定的だった僕が。
パパ活した40代のバツイチの私が無償支援してくれる人を見つけた経緯
思わず、乳首咥えていい?と聞いたら、乳首大好きだからぜひぜひ!と請われて赤ん坊に戻ったかのようにムチャクチャ舐めました。ああ、そうか。乳首が性感帯と言うのは僕には信じがたかったのですけど、乳首そのものではなくて乳首を舐める舐められる行為こそが性感なんだよな、と(授乳でいちいち興奮しませんものね)感じ入った次第でした。
「ありがとう。気持ちよかった~今度は私がやってあげるね」
と熟女に体を反転させられて、思いっきり乳首を攻められました。ひー!舐めるのはいいけど舐められるのはやっぱり無理だー!
ぽっちゃりの熟女
50歳のパパ活